airbnb物件の仲介 | airbnb代行ならbnbsupportお任せ!英語やポルトガルにも対応しております

空室対策にairbnbを(不動産業者様へ)

 

●airbnbを使った空室対策

 

 アパートやマンションの空室対策にairbnbを活用されてはいかがでしょうか?訪日外国人の数は年々増えており、その数は今後も増えることが見込まれています。

 もちろん、ホテル同様に繁華街に近いところは人気がありますが、郊外の物件であっても地方都市であっても、その物件に興味をもつ外国人は大勢います。

 例えば留学生やその家族は、大学に近い物件を長期間借りたいという要望をお持ちです。地方都市であっても、観光以外に官公庁に用事があるなどの理由で、外国人がお部屋を借りることも珍しくはありません。

 

 

 

●クレームが起きぬように

 

 しかしながら、アパートの一室を外国人に貸し出すことで、そこに住む住民の方からクレームが生じていることも事実です。夜中に騒ぐ、ごみを散らかすなどといったクレームは珍しいことではありません。そのことが、アパートの1室を外国人に貸し出すことに躊躇してしまう一番の要因となっていることでしょう。

 しかしそうしたトラブルの原因は、すべてが外国人にあるわけではありません。ホストさんの中には予約を受け付けるだけ受け付けて、その後のフォローをきちんとしていない方もいらっしゃいます。

 

 私どもではゲスト様に満足していただけることだけではなく、airbnbとして貸し出されているアパートに住む人たちのことも考えた取り組みを行っています。(←このことをHPで謳っているところは、今のところ私どもだけです。)

 具体的には、ゴミ出しのこと、夜中の騒音なことなど、ホストさんやアパートの管理人さんがゲストに伝えたい要望を聞き出し、HPや動画を使って、わかりやすく注意点を説明するようにしております。  

 

 

●ホスト様の紹介

 

 私どもには東京、大阪、京都を中心に、新たな物件を探していらっしゃるホスト様が多くいます。もしお部屋を提供してもよい、紹介できるといった不動産をお持ちの方、または業者様がおいででしたら、私どもがホスト様との仲介役になることができます。airbnbについての質問などにもお答えしますので、何なりとお聞きいただけてらと思います。

 

物件をお探しのホスト様

 

●民泊利用が許可されている物件をお探しのホスト様へ

 

 airbnbでホストとして外国人旅行者を受け入れるには、まずは受け入れるための物件を用意しなければなりません。しかし中には許可がないアパートの一室を借りて運営しているホストさんも少なくありません。

 しかしながら、大家さんや管理会社に見つかってしまい、退去させられるというケースが最近では頻発しています。そうなるとお部屋においてある家具が無駄になってしまうばかりではなく、敷金や礼金が違約金として取られ、返ってこないこともあります。もちろん一番困るのはゲストさんで、ゲストさんが泊まる代わりのお部屋を探すことも求められます。

 

 こうして考えると、許可がないお部屋をairbnbで貸し出すことにはリスクが付きまといますから、やはり許可があるお部屋で堂々とやりたいものです。また、airbnbの売り上げを大きく左右するのは、どういう物件で運営するかということですから、私どもではホスト様に対して、その物件が見込みあるものかどうかといったアドバイスはもちろん、物件の紹介などもさせていただいております。